【激しいキスシーン】岡田将生と井上真央の純愛映画ストーリー

岡田将生さんと井上真央さんが出演さえた映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』はみなさん覚えていますか?この映画の中で、岡田将生と井上真央は恋人役を演じたのですが、純愛ストーリーにも関わらず映画のキスシーンが濃厚でけっこう激しい・・!思わず息をのんでしまうキスシーンでした。もう一度そのキスシーン、見てみたい!今日は映画でみせた岡田将生と井上真央のキスシーンについてみていきましょう!

スポンサードリンク



『僕の初恋をキミに捧ぐ』あらすじ

ではまず、『僕の初恋をキミに捧ぐ』がどんな映画だったのか、おさらいしましょう^^

★『僕の初恋をキミに捧ぐ』あらすじ★

青木琴美原作の、少女コミックで連載された少女マンガ作品が原作。

幼少のころから心臓病を患っていた、垣野内 逞(かきのうちわたる)と、その主治医の娘である種田繭(たねだまゆ)の純愛ストーリー。

逞は20歳まで生きられないと余命宣告を受けるが、繭と20歳になったら結婚することを誓います。
病気のこと、将来のことなどいろいろな不安がよぎる中で、いったんはお互いから離れようとするが、いろいろなことを乗り越えていく中で、やはりお互いにとっての一番相手同士だということを再認識する純愛ストーリー。

2007年に小学館漫画賞少女向け部門・受賞作品で、発行部数は750万部を記録した大ヒット作品。

2009年に実写映画化された際に、垣野内 逞役を岡田将生が、種田繭役を井上真央が演じました。
井上真央と岡田将生がおりなす甘い純愛ストーリーは大ヒットを記録し、2009年には日本週末観客動員数が1位の大ヒット映画に輝きました^^

みなさんは映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』、見ましたか??
私はもちろん映画館でバッチリ見たんですが、ほんとにとってもステキな映画でした!
女子なら絶対好きなかんじの映画に間違いないです。。(笑)

そしてやっぱり岡田将生と井上真央という組み合わせも、作品イメージとピッタリで最高!!
胸キュン映画の代表作といっても過言ではないと思います♪

『僕の初恋をキミに捧ぐ』の中で岡田将生と井上真央は恋人役を演じたので、いわゆるキスシーンもけっこうありました。
純愛ストーリー系の映画のキスシーンってわりと軽いキスシーンが多いかな?と思うのですが、この映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』での岡田将生と真央井上真央のキスシーンはかなり激しく。。!!
思わず、「わっ!!」となってしまうようなキスシーンだったことがけっこう話題になったようです。

実際に私も母親と映画を見に行ったのですが、少し気まずくなってしまうくらい濃厚なキスシーンでした(笑)

では一体どんなキスシーンだったのか??

映画を見逃してしまった人もいらっしゃると思うので、岡田将生と井上真央の映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』でみせたキスシーンについて詳しくみていきましょう♪

スポンサードリンク



アツイ!濃厚!キスシーン

まず映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』のフライヤーがこんなかんじ^^

井上真央 岡田将生 キスシーン 映画

こちらはかなり爽やかな岡田将生と井上真央のキスシーンですね☆
映画の中でも、キスシーンってゆってもこんなかんじだろうな~と想像しますよね?
でも映画の中ではかなり濃厚なキスシーンが披露されていたんです。

というのも、岡田将生演じる垣野内 逞は、余命宣告を受けて井上真央演じる種田繭から離れようとするのでとてもせつない恋愛ストーリーになっています。

逞は全寮制の高校に入って繭から離れるのですが、繭はそれにもめげず、逞を追いかけてゆきます。
逞もやっぱり繭のことが好きなので、2人の感情は加速していく一方。

そのときのキスシーンが映画のなかで とても情熱的で濃厚に演出されていました。

井上真央 岡田将生 キスシーン 映画

こんなかんじで暗がりの中、岡田将生と井上真央は残された短い時間の中で愛を深めてゆく。。

この濃厚なキスシーン、時間もけっこう長くて30秒くらいはあったんじゃないかなと思います。
最初に岡田将生のほうからキスをして、そのあとは真央ちゃんから岡田くんにキスをします。

そのあとはさらにさらに濃厚なかんじで、繭は弓道部だったのでその練習場にシーンが変わり、たくさんキスシーンが・・!!

きっと映画館で大きなスクリーンで映画を見ていた女子は、みんなかなり興奮したと思います。。(笑)
・・私もその1人でした(笑)

さすがにラブシーンはもちろんありませんでしたが、純愛ストーリーものの映画では珍しい濃厚なキスシーンだったので、驚いた人も多かったのではないかと思います。

ちなみにこんなキスシーンもありましたね^^

井上真央 岡田将生 キスシーン 映画

2人のキスシーンってすごく絵になるなぁ。。

せつなさがたまらない!映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』

そんな岡田将生と井上真央の濃厚キスシーンがたくさんあった『僕の初恋をキミに捧ぐ』ですが、やはりこの映画・作品の一番の魅力は“せつなさ”でした。

20の余命宣告を受けた恋人同士って、こんな風に相手を思いやって、愛していくんだろうな~っていろいろ考えさせられるところも多い内容になっていて、たくさんの人の心をつかんだ大ヒット映画となりました。

井上真央 岡田将生 キスシーン 映画

何よりやっぱりキャスティングが素晴らしく、岡田将生の透明感のある演技が垣野内 逞らしいキャラクターをばっちり作りあげていたし、井上種田繭の純情ながら前向きで明るく、強さももったキャラクターが井上真央によって鮮やかに演じられていました。

井上真央 岡田将生 キスシーン 映画

井上真央と岡田将生の演技に透明感があるので、あのような濃厚でアツイキスシーンが余計に際立ったという要素もあると思います^^
いやらしさもなく、でも意外性のあるキスシーン。映画の中でかなり魅力的な場面になってましたね^^

しかしそれにしても井上真央は松本潤、小栗旬などかなりカッコイイ系の俳優との共演が多いですが、岡田将生との組み合わせもいいな~って実は感じています。。(笑)

それくらいに『僕の初恋をキミに捧ぐ』はステキな映画に仕上がっていました♪

井上真央 岡田将生 キスシーン 映画

ぜひ見逃してしまった方、TSUTAYAレンタルでみてみてください♡
私も久々に『僕の初恋をキミに捧ぐ』を見たくなったので、DVDを見返してみます☆

こちらの記事もオススメです ⇒ ドラマにまつわるエピソードがいっぱい!小栗旬と井上真央は仲良し!スポンサードリンク




関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ